小竹美術

工芸

田村 耕一
「青磁椿文壺」

田村 耕一(人間国宝)「青磁椿文壺」共箱 正面
田村 耕一(人間国宝)「青磁椿文壺」共箱 裏正面
田村 耕一(人間国宝)「青磁椿文壺」共箱 側面1
田村 耕一(人間国宝)「青磁椿文壺」共箱 側面2
田村 耕一(人間国宝)「青磁椿文壺」共箱 上から見た画像
田村 耕一(人間国宝)「青磁椿文壺」共箱 底部分
田村 耕一(人間国宝)「青磁椿文壺」共箱 サイン部分「耕」の印
田村 耕一(人間国宝)「青磁椿文壺」共箱 箱書き・サイン・落款部分
田村 耕一(人間国宝)「青磁椿文壺」 共箱部分
田村 耕一(人間国宝)「青磁椿文壺」共箱 共布

田村 耕一(人間国宝)「青磁椿文壺」共箱 正面

田村 耕一(人間国宝)「青磁椿文壺」共箱 正面田村 耕一(人間国宝)「青磁椿文壺」共箱 裏正面田村 耕一(人間国宝)「青磁椿文壺」共箱 側面1田村 耕一(人間国宝)「青磁椿文壺」共箱 側面2田村 耕一(人間国宝)「青磁椿文壺」共箱 上から見た画像田村 耕一(人間国宝)「青磁椿文壺」共箱 底部分田村 耕一(人間国宝)「青磁椿文壺」共箱 サイン部分「耕」の印田村 耕一(人間国宝)「青磁椿文壺」共箱 箱書き・サイン・落款部分田村 耕一(人間国宝)「青磁椿文壺」 共箱部分田村 耕一(人間国宝)「青磁椿文壺」共箱 共布

田村 耕一(タムラ コウイチ)

人間国宝・東京芸大名誉教授

1918 6月田村林次(雛人形師)の次男として佐野市に生れる。
1941 東京美術学校工芸科図案部を卒業し、
    大阪府の私立南海商業学校デザイン教師に就任。
    その後兵役につく。
1946 京都の松風研究所に輸出陶器のデザイナーとして入所する。
    この研究所の顧問で大先輩の富本憲吉から直接指導を受け、
    その体験は田村の創作への考えや、工芸観を新たなものにし、
    富本を畏敬して生涯の師と仰ぐ。
1948 郷里の佐野に帰り、赤見窯の創業に参画し、
    同年栃木県芸術祭に出品して、芸術祭賞を受賞。
    審査員の浜田庄司に認められる。
1949 倒焔式の薪窯を築き、浜田氏の推薦で栃木県窯業指導所の技官となる。
1953 指導所を辞めて、自宅に四袋の登り窯を築き本格的な作家活動に入る。
1956 第5回現代日本陶芸展覧会で朝日新聞社賞を受賞したことにより、
    陶芸作家として、存在が知られるようになる。
1957 日本陶磁協会賞を受賞。
1961 富本賞受賞など数々の公募展での受賞が続き、華々しい活躍をしている。
1967 東京芸術大学助教授に就任。
1970 栃木県文化勲章を受賞。
1977 東京芸術大学教授に昇進。
1979 紺綬褒章を受賞。
1983 紫綬褒章受賞。
1986 鉄絵の技術で、栃木県では浜田庄司以来2人目の人間国宝に認定される。
    同年、東京芸術大学名誉教授。
    また佐野市名誉市民に推挙される。
1987 68歳で永眠。

作家として大きく花開いた時期に制作された佐野市役所ホールの陶璧
(『伸びゆく佐野』1962年制作)は、現在も市民の目を楽しませている。
田村氏の陶芸は、昭和40年代後半から、それまで扱ってきた鉄釉に加えて、
辰砂釉や青磁釉を扱う割合が増えていったが、
絵付け主体の構成が大きく変わるものではなく、
一貫して鉄絵の変化を取り入れた絵付けが中心であり、
その優れた技術手法は、高い評価を受けている。

この作品について

技法青磁
詳細サイズH20.5×W17.2cm
額縁寸法  
状態良好    
備考共箱・共布
価格300,000円

送料について

■日本国内の場合

お買い上げ金額50,000円(税込)以上は送料無料!(合計金額が50,000円以上でもOK)

■海外の場合

別途、送料が発生いたします。

金利手数料について

■日本国内の場合

お買い上げ金額3万円以上は10回払いまで金利手数料無料(分割手数料は当店で負担します)

ご注文方法の詳細はこちらからご確認ください。

Category
作家一覧
作家を選択する
こだわり検索
北海道風景画(161)百貨店人気画家(153)道内美術館収蔵画家(144)花の絵(119)外国風景画(92)「一枚の繪」人気画家(72)おすすめ品(70)東京芸大卒(70)文化勲章・文化功労者(63)人物像(54)道内実力画家(53)道展会員(52)フランス人気画家(36)実力派画家(36)小樽美術館収蔵画家(36)全道展創立会員(35)北海道出身の人気画家(35)日展(33)北海道伝説の画家(32)人気のインテリアアート(29)全道展会員(28)お洒落なお店に飾ってそうな絵画(26)人気巨匠(26)人気版画家(23)フランスの巨匠(22)静物画(21)世界的に活躍(20)二科会会員(20)日本版画協会会員(19)日本の名所(17)裸婦(17)日本芸術院会員(16)貴重な作品(16)世界的巨匠(15)山の絵(14)日動画廊取扱い(13)一水会会員(12)人間国宝(12)国際的活躍の版画家(11)貴重な肉筆原画(11)道内画家(11)富士山(10)動物(9)癒しの絵画(9)道展創立会員(9)イラストレーター(8)抽象作品(8)日本工芸会(8)芸術選奨(8)たくぎん(北海道拓殖銀行)カレンダー原画制作(7)リアリズム(7)二紀会(7)人気書家(7)北海道人気彫刻家(7)小樽運河(7)「濁手」を復活(6)北海道庁(6)新道展会員(6)春陽会会員(6)国画会会員(5)民芸運動(5)現代美術(5)道展名誉会員(5)院展(5)日本芸術院賞(4)猫の絵(4)芥川賞作家(4)馬の絵(4)魚の絵(4)ロシア・ソビエト絵画(月光荘)(3)中原悌二郎賞(3)木田金次郎の弟子(3)独立美術協会会員(3)贈答品にピッタリ!(3)道美展(3)お茶道具(2)アイヌ民族関係(2)シュールな絵(2)創画会会員(2)安井賞(2)桜の絵(2)神秘的な作品(2)絵本で活躍(2)アールヌーボー(1)サロンドートンヌ会員(1)ファンタジーの世界(1)レジオン・ドヌール勲章(1)三軌会会員(1)中札内村に美術館(1)人気小説家(1)元陽会(1)北大黒百合会(1)和室に合う作品(1)挿絵画家(1)新制作協会会員(1)新道展創立会員(1)日本美術家連盟会員(1)縁起物(1)美人画(1)萩焼(1)行動美術協会会員(1)観音様(1)骨董品(1)