小竹美術

画家たちの集う場所だった中島公園

中根邸の画家たち

札幌洋画研究所(1947年)

かつて中島公園のほとりに、画家たちが集い、日々酒を酌み交わし、芸術談義に花を咲かせる屋敷があった。
戦中戦後の物資が極度に不足していた時代に、東京などから訪れた画家を滞在させ、食事を振る舞い、自由に絵を描かせる。その評判は、次々に文化人をここへと足を運ばせた。
中根邸。銅葺き屋根のため「アカガネ御殿」と呼ばれたその画家たちの楽園は、家主・中根光一が東京に移ることで、1954年(昭和29)にその幕を閉じた。

居串佳一(中根光一像)
居串佳一(中根光一像)

中根光一は父が築いた莫大な財産を1937年に31歳の若さで相続しました。現在の札幌コンサートホール・キタラの南隣の約2000坪の敷地と広大な屋敷をはじめ、その額は当時の金額で数千万円と言われております。
さまざまなことに興味を示した中根でしたが、変わらずに最も愛していたのが美術でした。

中根邸表門

集いし人々

児島善三郎(初秋の中島公園)1946年作 個人蔵
児島善三郎(初秋の中島公園)
1946年作 個人蔵

中根邸には、多くの芸術家や文化人、要人が頻繁に出入りしていました。
ときには札幌を訪れた三笠宮や高松宮、詩人ブランデン、陶芸家バーナード・リーチ、武者小路実篤などもここに宿泊しています。中根光一が最も親しくした画家に5歳年下の松島正幸がいます。松島は独立美術協会を中心に活躍していたこともあり、中根邸には、海老原喜之助、野口彌太郎をはじめ独立展会員を中心に東京から避暑や疎開で多くの画家が訪れました。
なかでも児島善三郎は1946年に1ヶ月、翌年には約半年間中根邸に逗留し、多くの絵を残しております。
また終戦後、中根邸に集う芸術家により、後の全道美術協会(全道展)が生まれる大きなきっかけのひとつとなっています。

野口彌太郎(札幌「植物園」)1953年作 芸術の森美術館蔵
野口彌太郎(札幌「植物園」)
1953年作 芸術の森美術館蔵

中根邸の応接間で戦後間もない1946年(昭和21)に、「札幌洋画研究所」が開かれました。
そのころ、札幌には優れた画家が数多く疎開しており、彼らを講師に、絵画を志す若者たちへの指導が連日行われたのです。ここで学んだ者のなかに岸葉子や八木伸子ら活躍する画家の姿もありました。札幌の若者が日本の第一線で活躍する画家から直に指導を受ける貴重な機会を与え、その後、中央画壇とのつながりを形成するうえでも重要な役割を果たしました。

中島公園周辺の文化施設のご案内

中島公園には多数の彫刻があります。
天気の良い日は是非お散歩にお出掛け下さい。

中島公園内彫刻展示作家

安田侃・山内壮夫・朝倉文夫・小田襄・林正美・松本純一・小野健壽

周辺文化施設

北海道立文学館

URLhttp://www.h-bungaku.or.jp/

北海道出身の文学者や北海道にゆかりの深い文学者に関する文学資料が展示されている。中でも常設展は直筆原稿や書簡・初版本など貴重な資料約1800点を展示し、北海道文学の流れをわかりやすく紹介している。
また館内には、北海道ゆかりの作家の油彩や彫刻など多数展示。(写真中は松樹路人の油彩、右は佐藤忠良のブロンズ作品)

北海道立文学館外観松樹路人の油彩佐藤忠良のブロンズ作品

札幌コンサートホール Kitara

URLhttp://www.kitara-sapporo.or.jp/

世界的な水準の音響施設を整えた音楽ホール「札幌コンサートホール・キタラ」。その音響は世界最高級ともいわれている。
キタラのシンボルはフランス製パイプオルガンと安田侃の彫刻「相響」。安田侃の作品は、大ホールとメインエントランス、外の三つの大理石が相互に響きあってひとつの作品を構成している。
もう一つおすすめなのが「テラスレストランKitara」です。
休館日を除き毎日営業しているので、コンサートの機会はもちろん、公園散策の休憩に、素敵なレストランでのランチは、ちょっと贅沢な気分を味わえます。(ランチは1,500円前後)

Kitara外観安田侃の彫刻

豊平館(国指定重要文化財)

豊平館外観

明治初期を代表する洋風建築である豊平館は、明治13年(1880年)開拓使直属の貴賓用ホテルとして建てられた木造洋風ホテルとして現存する我が国最古の建物で政府機関が建てた唯一のホテルである。
設計は開拓使工業局営繕課安達喜幸が担当し、棟梁大岡助右衛門が工事を請け負った。
豊平館の題字の揮毫は三条実美(太政大臣)によるものです。

平成28年(2016年)リニューアルオープン予定

渡辺淳一文学館

URLhttp://www.ac.auone-net.jp/~bungaku/
渡辺淳一文学館

「エリエールスクエア札幌 渡辺淳一文学館」は、大王製紙の文化支援活動の一環として、1998年6月に開館。
建築家 安藤忠雄の設計による建物は、斬新でありながら凛とした趣のあるものとなっています。雪面に片脚で立つ白鳥をイメージしたものだそうです。

1933年、北海道空知郡砂川町出身、代表作に「遠き落日」・「失楽園」がある。
初老の男女による不倫を描いた「失楽園」は大ブームを呼び、映画・TVなどにもなる。
2004年10月から、日経新聞朝刊にて「愛の流刑地」連載中。

八窓庵(国指定重要文化財)

八窓庵

中島公園の日本庭園にひっそりとたたずむ茶室 「八窓庵(はっそうあん)」。
安土桃山時代・江戸時代初期の大名茶人・小堀遠州(こぼりえんしゅう)の作といわれています。

池のある美しい日本庭園。春のシダレザクラ、秋の紅葉が素晴しい庭園です。夏は芝生の上で休息も出来る憩いの場所。冬季は閉鎖されます。
日本庭園、開放期間4月下旬~11月上旬、8時30分~17時、入場無料